忍者ブログ
かつてユリアンと同世代で銀A伝にどっぷりつかった過去をこじらせ、ムライ参謀長と同年代になってから再燃してしまった管理人のブログ。 腐れ要素あり、注意! Twitterやってます、お気軽にどうぞ♪ 銀A伝用垢→@fukurasuzumlogh
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


振り返り上映会の最終回、死線上映会終了しました!
いつもついったでお世話になっている方とお茶をご一緒させて頂いてからの上映会、最高でした (^///^)皆様本当にありがとうございましたー!




最後の上映会メモわめき散らしです…さみしい。
例によって?ついったより抜粋してお送りさせて頂きます。
細切れで読みにくくてすみません!


今日の補給物資新商品はコンセプトアートバッチでした。スケッチ風でテーマカラー?がビビットなのが良い感じ。テーマカラーほぼイメージ通りなのにシェーンコップがピンクなのがさすがというかw


あいじーさんでDVD買うとついてくる生動画も展示されていました!






トークショー前の注意事項にネタを入れてくることもすっかり恒例になったたさかP。今回は
「映画館なので飲食はOKですが、グラスやドリンクカップを床に叩きつける行為は禁止です」
でしたw

上映会も6回目。3.1チャンネルはやっぱり会議よりメカだね、前回会議もいいなと思ったけど、とぐんじP。
ひっしょさんは、今日若い男の子が多くて嬉しい。若い男の子大好き(←誤解されるとつっこみあり)。新しいファンが増えている気がする、と。

振り返り第一弾は「前回に続きフォーク准将」。
みんな大好きフォーク准将、すごい爪痕残していくよね、と。神谷さんの演技も素晴らしかった、腹立つわ、ビュコックの投げやりな敬礼が好き、フォークをとりまく人の雑な感じが好き、と大盛り上がりw

フォークで合計3分40秒。25分中だからけっこうな割合だよねと。表情が変わっていくところがけっこう素敵、生動画当たった人はラッキーという話。ただお父さんお母さんから「あんた何のアニメ見てるの」と言われそうと(^_^;)

次は「ブリュンヒルト発艦シーン」3分25秒、フォークと合わせて7分使ってるという指摘がw
スタッフがやりたかったんでしょうとぐんじP。セーラー何とかやガンダムのコアファイターみたいに毎回出てくるの?これが出てきたはこの回苦しかったんだな、ということなの?等ネタ尽くし笑


帝国の発艦シーン続き。家の上を威圧的に飛ぶ戦艦の巨大さがよく表現されている。反乱起こすとあれが来る、怖い、と物理的に圧迫されて逆らう気なくなるでしょと。このシーンしびれた人多いですよね、の声にぐんじPは個人的にオーディンのオゾン層を心配されてましたw

次は「ヒューベリオンに乗るシェーンコップ」!そこ突っ込んでくれるんだと私大喜びw
何でヒューベリオンにいたの、とひっしょさんのツッコミに「陸戦隊は上陸作戦の指揮をとるから…」と返したぐんじさんも、「何で艦橋にいたの?しかもけっこう話に入って来るし」と突っ込まれタジタジ笑

「最善のなんとか」とか言って話に入ってくるシェーンコップに、ムライさんが「黙ってろ素人だろ陸戦専門」とか思ってたら等という話になって盛り上がりました笑
当たり前の顔して幕僚になってるさすがシェーンコップ…

続いて第12話。冒頭のネタは、
「ア ッ テ ン ボ ロ ー」でした…!やったーーーーーー
ひっしょさんに「アッちゃん」と呼ばれるアッテンw
これ原作通りなんですよね、外伝2巻創元文庫だと20ページの真ん中あたり、と細かい指摘。ようやく出せたーとの声あり、スクリーン越しだから出たと言えるのかどうか?との声も。

OPであれだけ出ててでなかったらどうしよう、とたさかPは思ったとか。
ただ監督はトリグラフが大好きとのことで、OPのコンテが上がってきた時にトリグラフとアッテンがいて、「出るんですか?」と確認したたさかPにぐんじPは「面白いからいいじゃないか」と通したそうで、まさに伊達と酔狂w

アッテンの艦隊だけ残ってるということで有能さも出てた、と。アッテンが残ってることにウランフも「あいつが」という誰だかちゃんと知ってるという顔をしていた、ウランフの志をアッテンが引き継いだいいシーン、との話に、「あれ名前知らなかったら成り立たないよね」「アッテンボロー?誰?!みたいな」とお約束の混ぜ返しも笑

次は待ってましたポプラン!
ポプランはOPでスパルタニアンに乗ってるからそうかなと思ったけどアッテンはわからなかったよねと。
ヒューズ、シェイクリ、設定のしっかりしたいいキャラなのにまさかあれで終わりとは…と嘆くぐんじP。男性声優が足りなくなってまさに銀河声優伝説になりかけてるとも。

ポプランとトダっち(笑)とのやりとりは原作とも石黒版とも違えたところ。パイロットは高い、しかも優秀なパイロットは貴重、大事にするよねわざと狂わせたりしないよねと理屈を考えた。
ここでぐんじPから「一銭五厘の命」「赤紙」の話が出て、ぐんじさん一体何歳?!という話に。

ともあれ、人的リソースを重要視する設定にしたとのことでした。
次も待ってました「帝国各艦の性能の違い」。ルッツの遠距離、ワーレンの大口径砲等各艦ごとに特徴を持たせているとのこと。
設定資料集出せたらな、のぐんじP話に拍手が起こってました。ぜったい欲しいー!
キャラ設定も見たいよね、という話から、特にヒューズとシェイクリね、そして亡くなった各艦司令官のお顔が…泣

ボロディンは自殺すべきじゃなかった、ヤンがウランフと並んで生きてたらという人だった、と。優秀な人は責任の取り方として生き残る事を考えるべき、という話に。


続けて「同盟諸提督たち」がスクリーンに。
みんなヒゲ。ルフェーブル以外ヒゲだらけ。ヒゲばやり。しかもヒゲであればいいじゃない、俺のヒゲにこだわってる、と。
いい指揮官が皆いなくなり、新兵募集しても指揮する人がいない、これからどうするんだという話に…泣

続いては「ヤン艦隊残存の理由」(エヴ○ンゲリオン風に)2つ挙げられてました。
1つは、命令を待たずにお店をたたんでたこと。ムライの「占領地からの撤収は完了」という台詞とウランフの「もう少し早く撤退する腹を括れていれば」という台詞が紹介されました。

ヤンだけが優秀じゃない、ヤン以外も優秀だけど、ヤンは早々と地表におろしてた軍を撤退させていて起動の準備が出来ていた。ビュコック提督は少しやってたと思うけど、そこがヤンが残存したひとつの理由、と。
2つ目は、濃いガスで光学兵器の射程が短いから接近戦で、という判断とポプラン達の技量。

ケンプに諫言するルビッチ君は無表情でいいね、と。上官であるケンプに話してるのに目を見ないのは怖いから?偉いから?ではなしが分かれましたw
でもラインハルトの麾下は皆副官の言うこと聞いて上官としての度量があるから良い組織だよね、と。「お前は黙っておれ!」の人と比較が入りましたw

次は「U字陣形の罠」、陣形図を表示しての説明。敵が3倍いたら小細工しちゃだめ、相手がキルヒアイスなら気づくよね、という話から、誰かが助けたんだ議論に。「そこにいたの誰だっけ?じゃあ第7艦隊が…」とはあだちさんの発案だったそう。最後同盟の諸提督にも花をもたせたかったこともあり、採用。


ヤンが撤退の時弩級戦艦って言ってたよね、数千年後の人類も弩級戦艦っていってるんだ、と嬉しそうなぐんじP。これがキルヒアイスなら引っかからないけどこの人だったら引いてったら突っ込めで引っかかってたよねと出てきたのはビッテンフェルト。これも恒例の「いのししだもの みきを」書つきw

みんなそんな馬鹿じゃないって話してるなかで、何で彼だけ馬鹿?という話に、そうじゃない、それが彼の持ち味。U字の底破っちゃうくらい、彼なら破った後そのままどっかいっちゃうのでは、とビッテンネタで盛り上がってました笑

最後は総括。ぐんじPは、先行だけじゃなく振り返りでこんなにお客さんが来て、皆で大画面で見るのいいなと思った。全部会議だとしても、とw
あだちさんは、これだけ長年何度も読んで、それでも新しい解釈あるんだな、と。後は、文章は楽だな、絵だと百万隻ってあったら描かなきゃだしね、と。

また、たなか御大があまり考えずに書いたところ、あっちから来たのかこっちから来たのか(イゼルローン攻略の時のブレーメンのことかな?)等、わかってたんだけど目をつぶってきたことがはっきりした、とあだちさん。
ラインハルトの覇道とキルヒアイスの王道の相克も見えてきたとはぐんじP。

ラインハルトとヤンの違いもはっきりしてきた。ヤンとキルヒアイスの限界が見える。
でもたなか御大が珍しく熱弁をふるっていたのは、ラインハルトとキルヒアイスだけではだめだった、オベがいなかったらラインハルトとキルヒアイスが望むああいう社会のああいう形での実現はなかった、ということだと

最後は「なんで第1期はここで終わったの?」という話。「ちょっと終わり方が…」と伏線は張ってたんですけどねとたさかP。
物語には切れ目がないから、じっくり書こうと思ってこうしたけど、それでも駆け足っぽさがある、もっと時間あってもよかった、と。

一番おいしい所を劇場版で、という思いもあったとのこと。2019年と言っても半年後から一年半後まであるけど、時期は未定。
僕ら終わるまでに定年にならない?とのあだちさんに「きっとユリアン君みたいな人が跡を継いで」とたさかP、「八月の新政府ができて」とぐんじP。松竹に反旗を翻したい訳じゃないから!とw


2019年のイベント上映はもちろん単館ではなくある程度の規模でやるとのことです。
さて、いきなりたさかPが
「同盟って何で負けたんだと思う?」との質問を。
いきなり本質的なことを、と狼狽えたあと、はっとするふたり。
「補給です!」
「そうですよね補給ですよね!」
から今回の補給物資の話にw


Blu-rayの発売はいよいよ明後日(7/4でしたね!)。あいじーさんの生動画は7/15のイベントでも販売されるそうです。7/15のイベントにはED曲のELISAさんも出演決定とのこと、7/4からのあいじーストアでのフェア、そして麻宮騎亜さんによるブリュンヒルト、ヒューベリオンのクリアポスターも販売されるとのことです。

麻宮騎亜さんはたなか先生と27年ぶりとかで、以前アルスラーン戦記とサイレントメビウスが同時上映された時以来とのこと。アルスラーン戦記はあいじーさん製作、配給は松竹、ということで御縁があるね、という話に。
ヒューベリオンの絵に「同盟艦はお尻がカッコいい」という話も。


今日の上映会ではアンケート配布ありでした。石黒版の視聴状況から、欲しいグッズ(私はシェーンコップの万年筆と書きましたw)等。面白かったのは7/15イベントのネタとしてのアンケート。
1.艦隊運用より資産運用がうまそうな人は?
2.一番料理が上手そうなキャラクターは?(そりゃもう決まり?)
3.甘いものに目がなさそうな人は?
4.所属部隊のグループLINEを既読スルーしそうな人は?
5.一番インスタ映えを気にしそうな人は?
6.銀河の運動会、一番足が速そうな人は?
という質問。
これ公開アンケートにして分母増やしたら面白そうだなあw

「銀河の運動会、一番足が速そうな人は?」にご一緒させて頂いた方々と「ミッターマイヤーかな?」なんて話をしてましたが、ふと、銀河大運動会という大舞台、ミッタマなら、フェリックスに勝ちを譲りそうだからフェリックスかもと今思うwロイもそばで喜ぶ笑

来年のイベント上映でも、合間にトークショーとかイベントをやりたい、とぐんじP。全部メカの上映会とか、全部会議の上映会とか、と。そのコンセプトも楽しみです。
間は空いてしまうけど、冷めないよう席をあたため続けられるようがんばります、とあだちさん。

監督たちは仕事に大忙しでイベントにはなかなか出られないから兵力分散とぐんじP。
今回スケジュールがおしていて、上がったのは本当にスタッフの努力の賜物、というお言葉に、場内大拍手。ぐんじPは納品引っ張るのを頑張った、という言葉に撤退戦難しいよね、いや得意だよ、ということで幕でした。

上映会の後のトークショーは、本当に、銀英伝好きの、銀英伝好きによる、銀英伝好きのための内容だったので、少しでも興奮?をご一緒したくて書き散らしました。お騒がせ大変失礼しました!

そんな上映会の場を作ってくださったノイエ銀英伝のスタッフの皆様に、改めて心からの感謝を申し上げます。

来年が楽しみですね…!   

拍手[0回]

PR

6/18 アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」8~10話振り返り「会議盛りだくさん上映会」いってきました!

※公式さんのレポアップされてます!ぜひまずはこちらを♪
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5553237051


 
上映会終了! 冒頭の田坂Pのご挨拶は流石でした。 「ネタバレありです。ネタバレ嫌な人は耳を塞いでください。どこでネタバレがあるかはわかりませんので、高度な柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処をお願いします」 場内拍手w

さて第8-10話上映会。地味な3話、大事な3話。会議ばっかりで第9話は政治しかない。「大画面でみるもんじゃないね」「3.1チャンネルで会議?!」みたいな感じでスタート。

まず第8話。動乱の鎮圧方法がお題。石黒版見た方は今回は違うなーと思われたと思いますという話で「あれは石黒版が変、あんな服装でずるい、あれに対抗するには鎧兜しかない」w でも指向性ゼッフル粒子とか石黒版は本当によく出来てて脚本会議が石黒版の良さを語る同好会みたいになっていたとかw

第8話続き。「おまえちょっといって見て参れ」がIGさん的には銀英伝屈指の名セリフとのこと。IGさんでも来客があると「おまえちょっといって見て参れ」とやるとかw

第8話は、最初は原作通りに布陣を描いたそう。でも1話で収めるのが無理なことがわかり、今回別のアプローチにしたそうです。 いいパンチを持ったカストロプ、あんなのが上司だったから嫌だけど、みんなでクリアファイル持って突き出そう作戦でwとのお話。

第8話、続いてキルヒとオベ。2人の間に見え始める溝。「どっちが悪いかっていったら一方的にこっちなんだけどね」とオベをさすあだちさんw 「もう少しちゃんと言葉で伝えればさ」との話に「まぁそうだね」と郡司P。「相克」という言葉の意味が画面に写されました。

第8話、次はF4。「おじいちゃんカッコいい!」IGさんでも女子から「フリードリヒ良くない?」と言われてるそうw光の当て方が他と違う、アンネローゼ悪くないじゃん!なんて話も… そこで「皇帝が後宮を作るのが当たり前の世界でこの人はごく普通なことをしてるし、王朝の終焉もわかってて諦めてる」と

ラインハルトの方が、普通は姉を利用して力を強めようと思う世の中で変なんだ、とのこと。 郡司P「フリードリヒ4世はいいおっちゃん」
あだちさん「不敬です!」
郡司P「民主主義って素敵ね」
このやり取り最高ww

そして第9話。「女性キャラ最多登場回 ※松竹調べ」とのこと。 まずはやはりジェシカ。演説もオリジナルで、人としてイキイキしていて、大分ふくらませて描いたキャラクターなので、田坂Pはジェシカをエゴサーチして評判が良くて安心されたそう。「ジェシカの教え子も皆可愛い」それも含めて最多?!

ウィンザー夫人は郡司P大好きとのこと。「まぁ綺麗事を仰ること」=この人は自分が悪いことしてると認識している、と。この台詞だけは削るなと厳命したそうです。 最近自分を棚に上げて人の浮気を責めたり正義面で言う人が多いので、「お前はそんなに正しいのか」とウィンザー夫人を見せたいとのことw

次はフレデリカ。三月兎亭予約したのフレデリカだよね、という話から、副官でヤンの予定把握してるし、ユリアンへの使いは副官のフレデリカの手配だろうし、お父さんとご飯で何で席隣同士?!変でしょ、と。「士官学校次席卒業をなめちゃいけない」の言葉に「俺の中のフレデリカ像が…」と郡司P

フレデリカが「お父さん、ヤン提督の好みの女性とか聞いてね」と頼んだのにお父さんはゼリーサラダの話なんかしちゃって、最後フレデリカが、もう!とガーンとやったから、お店出てすぐ結婚の話をしたんだろう、だってあれおかしいもん、と。 でもフレデリカは「あんな聞き方ないでしょー!」と…

帰宅した後バッグばーん!って置いてお父さんをめっちゃ怒ったから、グリーンヒル大将はショック受けてあんな別の方向に…なんて話の流れが出来上がってましたw

最後はドミニク。自立した女として描いたとのこと。 ボルテックが咳をして「今日はお戻りになりませんか」と言うのに、ドミニクを見たらお出かけの支度をしていたから、今日は大人の…は無理だなあと思って、戻る、っていったんだよねという話に。 ここの呼吸は、私もすごいなあと思ったとこでした。

郡司Pはルビンスキーのおでこの色トレスが好きとのこと。 肩幅広いし鍛えてる感あるよね、セーター似合わない、という話から石黒版のタートルネックの話に。 あれ、着てるところ想像すると楽しいよね、に同感w

ここでガラッと変わって、株式市場と会社法の話に。
役員であり金融に強い郡司Pによる講義です。
銀英伝刊行当時と今は会社法が違い、今は5%以上株式を取得するとテイクオーバービットといって公開買付けになるそう。その違反がライブドア。なのでノイエの世界はライブドア事件がなかった世界だそうw

ここで、トレーダーよろしく三面ディスプレイで株を買うルビンスキーの絵が登場。 「サンタクルス社安いな」 「ルビンスキー自分で買うの?!」 企業がイメージキャラに使ったら黒いけどすごい買収できそう、とすっかり経済ネタに笑

次は第10話。まるっと1話会議回。まずはフォークのアップの下に「会議」と描かれた画面。ガンダム乗ってる人はフォークやる、とよくツイでも言われていたネタがw インテリっぽいフォーク、と言う声に、いやフォークはもともとインテリよ?という話から、石黒版とのキャラの描き方の違いの話へ。

石黒版はそのキャラをわかりやすく見せるようなキャラデザになっている、多田監督はフォークのような人も「普段は普通の人で、あるときそういう一面がでる」という考えで描いたそう。 フォークのネタバラシは「けっこう重要なキャラ」でとどまりました^^;

そしてまた会議。 「おっさんばっかりで真っ黒」 「よく訓練された銀英伝ファンはいいけど、ザッピングで見た人は驚くよね」 「銀河英雄伝説なのに銀河出てこないな、なんて」 という面々。 はい、よく訓練された銀英ファンは会議好きです…

ここのコンセプトは「同盟そんなに無能だった?」 ここで、ビルマでのインパール作戦の話に。この作戦は上官に直接作戦あげて通ったり補給が蔑ろにされて失敗したけど、誰も上官が怖くて失敗してると言えなかった、誰かにやめると言って欲しかった、空気で察して欲しかった、と後日談があるそうで…

インパール作戦の話はまさに今の日本!という事で、第10話の同盟会議では、こんな危ない作戦に「誰も異を唱えなかった」のではなく、「誰かが指摘はしたんだけど黙殺された」という感じに描いたそう。すごすぎる。 いや、これ、本気でうちの会社もそう…寒気がするなあ…

帝国も会議だけど、前向きかつ若い!「やっぱり会議は座っちゃいけないよね、立ってやらなきゃ、帝国を見習おう!」と時流に乗ったコメントがw 今時のアニメが9話は政治で10話は会議で大丈夫か?!という声に 「会議ばかりでもいいじゃないか 銀英伝だもの みつを」 と恒例のイラストwこれ欲しいw

そして続く死線の話に…
終わったら皆さん怒ると思う、ええっ!ここで?!っていう感じ。でもしょうがなかった、というコメントでした…
続きはイベント上映で、でも皆さん訓練されてるからwってオイオイ(´Д` )

10話で同盟を深く誘い込む戦術も、議論がないとおかしいよねとあんな流れに。「出口でボコッと」それ言うのはビッテンだに笑いw帝国の領土侵させてるじゃん!な話はツイで皆様も仰ってたラインハルトのタブーのなさの凄さだなあと…ナポレオンのロシア遠征も材料になってるんではないかというお話。

そこで兵站は大事だよね、から補給な話。Blu-rayの特典映像、新アニメプロジェクトイベントは90分ほぼノーカットでの収録だそうです。あとはサウンドトラックがつくぞ、やったー!オーディオコメンタリーは多田監督のが聞き応えがあるそう。あとはスタッフがラインハルトをどう描いたかを語る資料も。

IGストアさんの特典、生動画はいま対象フィルムを抜いてるところだそう。メルカッツとか良い…!だそうです。 そして次の最後の上映会は7/2のアナウンスと、名言クリアファイルの宣伝と使い方のおさらい。 そして、なんと新グッズが…!

「最近地球(テラ)では"おっさん"がブームらしい」という煽りから、「おっさんず缶バッチ発売決定」のお知らせ。
7/15のイベントで先行販売とのこと。F4、メルカッツ…郡司Pは前にも仰ってた通りシュターデンの痛バッグがみたいとのことw場内拍手。

おっさんず缶バッチのポスターも。 「卿に会えてよかって」「ある日、僕らはブームに便乗した」というキャッチに、真ん中ミュッケンベルガーでメルカッツらを従えるという惚れ惚れする仕上がりw これ商品にして欲しいなー!缶バッチも色校上がってきてたそうでどんなのか気になる笑

最後には「おっさんの、おっさんによる、おっさんのための缶バッチ」という言葉が、英語版と、ぼやけたリンカーンとともに写されるという徹底ぶりw ふざけるなら徹底せねば、ということで、缶バッチは上映会トリオの方々が不動産会社のサラリーマンよろしく真夏にスーツを着て売ってくださるそうですw

最後の告知は、ノイエ銀英伝再放送決定のお知らせ。TOKYO MXで、日曜11:30からだそう。 「子供が塾行く前に会議を見る」「お母さーん、せいけんいじのための戦争ってなーに?」なんてことが…という、最後まで会議と政治の楽しいお話でしたw 今回もありがとうございました!煩くして失礼しました

お会いしたフォローさせて頂いてる方と
「アの字もでませんでしたね…」
「ポの字も…」
としゅんとしておりましたが、気落ちなんてしてないで、第11-12話のために祈祷せねばですね(๑•̀ •́)و✧

拍手[2回]


アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」5~7話振り返り「第十三艦隊誕生&イゼルローン攻略」上映会にいってきました!


既に画像付きの公式レポがありますので、まずはこちらがオススメです(*^▽^*)
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5553237051



以下、Twitterより引用なのでぶつ切りすみません(^^;)

上映会冒頭から、田坂Pが
「この会場は危険物は持ち込み禁止です。ゼッフル粒子。殺傷目的の万年筆」
とネタを振ってくれましたww

次回の上映会は8-10話を6/18に。 前回の宿題でツイッターで募集されたキルヒとハルトの関係は「臣友」に決定だそうですw
ふと、ヤンとコプの関係もツイッターで募集したらよかったんじゃないかと思ったw 伏せ字になるかもだけど…笑

第7話、コプのIDはやはりきちんと認識できていて、やはりレムラー少佐が賢かったんだという話。わかった人?との質問に半数がわからなかったということがモニター的にわかり、Blu-rayはテロップ入れようという話になってました。

ノイエ第6話で「永遠ならざる平和のために」がカットされた理由も。 ノイエで銀英伝初見の人に向けて、コプが裏切るんじゃないかと思って欲しかったそうです。大事な台詞なのはわかってるんだけど…!とのこと。たしかに第7話冒頭もそこ煽るような感じだったなあ

今日の上映会には、今日が上映会初めてという方も、ノイエから銀英伝見てるという方もちらほら。 あだちさん「みんなで銀英の沼(深い)にはまりましょう!」 ぐんじP「銀英伝温泉がいい」 な感じでウェルカムな雰囲気でした( ^ω^ )

ちなみに宿題だったハルトキルヒの関係、松竹田坂Pが絞った候補は以下の通り。 盟友、半身、分身、臣友(これに決定)、血盟、ツレ、ブラザー、元隣人、異父母兄弟。 ツレとブラザーは仕込み?元隣人は本当だよね、半身いいけど相関図に半身?的な話があり、造語かもだけど「臣友」でと。場内も拍手


制作裏話は第5話のトリューニヒトから。
いかにも清廉に見せて…というのがノイエトリューニヒトのポイント。後はジェシカがトリューニヒトにシンパシーを感じるような話をし始めたらカメラがジェシカを映す、という辺りぜひ見てほしいとのこと。

政治の話から、「ノイエでは政治は描かないらしい」という噂が流れたという例の陰謀の話に。 お約束の流れキター!でスクリーンに映ったのは、今日は石黒版とノイエとのWルビンスキーでしたw

第6話はシェーンコップ。若返ったよね彼は、の話で時代ごとに30代のイメージは違うよという話。
田坂Pが著名な他キャラの話を比較対象に。
ブライト19歳、ランバラル35歳、矢吹丈15歳、ケンシロウ18歳、ラオウ26歳、ムスカ28歳w
石黒版のコプは今は30代前半に見えないけど、当時は…というお話。

そしてやはり!と思ったお題は 「軽巡はどこから?」 原作を素直に読むと、イゼルローンを通過できるはずがないから帝国側から来たはずはないけど、同盟側から来たとしたらそれを信じるか?という話になる。そこで密命話。「原作の不備を次々につかれる…」とあだち氏。

面白かったのが「イマジナリーライン」という考え方。 敵はあっちから、味方はあっちからという架空の方向性があって、宇宙戦艦ヤ◯◯がイ◯カ◯ダルに行くのは、必ず上手(右)→下手(左)、帰りは必ず下手→上手、という、製作陣にも視聴者にもお約束となっているかたちがあるとのこと。

このイマジナリーライン、石黒版でもきちんと、帝国は上手→下手、同盟は下手→上手というように運用されてるそう。今度気にして見てみよう。

次は「イゼルローンの迷宮」の話。皆が頭を抱える脚本会議のおなじみのイラストに、「ようさいだもの みきお」と書かれた色紙?のようなものが… 今や会社にもIDカードで入る時代、要塞はセキュリティもっとちゃんとしてるよね?!ということで、原作や石黒版の時代にはなかった苦悩があったとこのと。

「普通ボディチェックするよね」「セコムはないのか、銀河セコム」という話でイゼルローン攻略については侃侃諤諤の議論が交わされたとのこと。時代で常識は変わる、ごもっとも… 要塞内に入る戦艦を内側から見るあの細かさすごい絵は、郡司Pが真顔になるほど大変だったからあまり言わないそうです…

次は万年筆を持つコプのシーン。 万年筆を武器に使うの?そんなのないだろといいつつ、使うアイデアを会議で決めた3日後に、実際に万年筆を使った事件(金◯男暗殺事件に中国ハイ◯ャック事件)があったそう。我々が先です!というお話。

万年筆グッズ等話もでたけど、万年筆一本18,000円とかするから補給のためにはたくさん売らないとだけど難しいかという話に、とのこと。 ちゃんとした質感の商品で、帝国の双頭の鷲紋章入っててコプのエピソードつきなら、18,000円でも300本は売れるんじゃと思う。


ノイエと石黒版だいたい同じペースで話が進むので、全部やるとすごい話数になる。 会議だけの話もある、梶さん(ユリアン)がモニターだけ見てる話もあるかもとのこと(←歴史振り返りこれぜひやって頂きたい) 第9話の会議だけの話はたタダ監督が「ぜひ日本全国のサラリーマンに見てほしい」とのこと

あとは補給のお話などなど。Blu-rayのジャケットは、宇宙を背景にしたラインハルトをイメージして銀塗りの上にキャラなので、ブツ撮りしにくいものとのこと。次回上映会ではサンプルが見られそうですw 石黒版みたいにひと巻ひとキャラのようです…ヤンは3巻かな?アッテンはいつ出てくれるか^^;


あとはたなか御大の中国旅行のお話も。 やはり中国の皆様も「なぜ◯◯を殺したのですか?」とか「なぜ病死?!」とか、気になるところは同じようですw ネット講義配信では70万もの視聴者の方がいたとか…!補給に加わって頂けたら外伝まで安泰そうw

後はプロダクションIGさんの株主総会で、郡司Pの司会のもと、タダ監督がどんなことを考えて銀英伝を作ったか、というお話をされたそうで、詳細は今度教えてくださるそうです。IGさんの株主になれば見られる特典wちなみに郡司Pは役員資料にも銀英伝名言をちりばめているそう…楽しそうw

というような本日の上映会でした! 上映会レポ、アスターテ以降はしばらく待つとAmazonの特別企画ページに公式のが載るので、イラストとかがまた見られるのが楽しみですw お騒がせいたしましたー!

第7話、指令室を同盟が占拠した後は照明落とされてたんだと今日はじめて認識。 シュトックハウゼンの時は赤々しい画面だったのに、その後赤かった記憶がない…と思ったら、暗かったからなんだな。暗さにヤンの暗い気持ちが現れてるし、雷神の槌の明るさが際立つし、帝国の赤も感じないしで一石三鳥?


シェーンコップの万年筆はぜひぜひ商品化してほしいです…!


*5~7話振り返り 了*

拍手[0回]


『銀河英雄伝説』名言クリアファイル発売決定!
http://gineiden-anime.com/news/206
とのことで、クリアファイルサラリーマン編使い方講座。
 


山手線ポスターが管理職に厳しい内容だったけれど、視聴者には年齢的に管理職の人もいるだろうから…ということで、新たに部下ターゲットでケンプの「卿は善戦した」に、ハルトの「何もかも私がしなくてはならないのか」が追加w

以下、「クリアファイルサラリーマン編」の使い方講座。
イラスト付き。
前回の上映会で、元ジブリのアニメーターだった方が脚本会議の様子をイラストにされてましたが、同じ方かも?
とってもキャラが立った素敵な絵です!

※TwitterでUPされていたので以下リンクはります(6/19)

〔管理職に向けて〕※差し出す部下は基本郡司P。

シチュエーション(1)部下をうまく使えない上司に・・・

上司:ネグロポンティ元国防委員長。
クリアファイル:「よい上官とは部下の才幹を生かせる人をいうのです」

https://twitter.com/gineidenanime/status/1007583950850666497


シチュエーション(2)私情で動きがちな上司に・・・

上司:ロイエンタールに下種と言われたラング(どう見てもよくいる上司)
クリアファイル:「どんな組織でも機械でも運用するのはしょせん、人間だ。上位に立つ者の才幹と器量しだいで、虎が猫にもなりその逆にもなる。」

https://twitter.com/gineidenanime/status/1007584013958037504


シチュエーション(3)赤字の新規事業から撤退できない上司に・・・

上司:昼寝をしていたロボス元帥
クリアファイル:「ここは退くか 後退すべき時に後退を決断できる能力も、名将の資格であった」

https://twitter.com/gineidenanime/status/1007584087777763328


〔部下に向けて〕※差し出される部下も基本郡司P。

シチュエーション(4)結果ではなくプロセスを評価してほしいという部下に・・・

クリアファイル:「卿は善戦はした。だが、たんにそれだけのことだ。なんの実りもなかった」

https://twitter.com/gineidenanime/status/1007584168161599488


シチュエーション(5)何でも聞いてくる指示待ちの部下に・・・

クリアファイル:「それぞれの部署において対応せよ!なんのために中級指揮官がいるのか。なにもかも私がしなくてはならないのか!?」
上司:ラインハルト(あの指揮座にすわり、背後にはキルヒアイス(のお腹・・・))

https://twitter.com/gineidenanime/status/1007584223148949504

最後に、
「推奨の使用方法は皆様の会社での地位や立場を保証するものではございません。
 あらかじめご了承ください。」
との断り書きつきでした(笑)

拍手[0回]




さて、やってきました第3話・第4話振り返り上映会!

まずは最後に5/23に第5話〜第7話の振り返り上映会決定との告知あり。


3話まとめてなのは、5/23しか映画館押さえられなくてその時点で放映されてるから?
それとも第5話第6話と同盟ターンで帝国ファンのために第7話がいるからかどっちですか、先生!!!
後者だったら第6話にはシェーンコップ確実ではないですか、オオゴトです・・・!


今日のトークショーも松竹の田坂P司会で、安達さんとIGの郡司Pのトリオ。
先行じゃないのに人がたくさんいてびっくりというお2人。
自分をキャラに例えるとキャゼルヌと仰ってた郡司Pはなんとキャゼルヌと同じ誕生日だったとか…!
まさにキャゼルヌですね。


作品の裏話を、場面のスライドを見ながら。
まずはルドルフ。
「銀河系史概略」をどこにいれようか悩み、原作が冒頭にあるために何人の読者を逃したかしれないので(笑。私は大好きだけどなー)
第3話冒頭での世界観説明にしたとのこと。
ノイエの凄いところは、ルドルフがわざわさ既存のビルを壊してまで…っていうシーンがあったこと、と安達さん。

その2はオフレッサー。
やはり「見えないけどちゃんとした物(?)でポニーテールしてる女子力の高さ」が話題にw
今回ノイエでは人間兵器ではなく武将にしたい、上に行ってる人はそこそこ能力はある(けど変化に疎い)スタンス。
石黒版は誰がこの人士官学校に入れたの?!って感じだったので…とのこと


その3はラインハルトと父。
石黒版はここで金貨チャリンだけど、時代的にチャリンはない。
電子マネーもおかしい、時代が変わりすぎているから…の深く突っ込まなかったとのこと。
ここで仮想通貨や姉さん価格変動?制の話に…
ともあれ「ノイエでここで描きたいのは金貨じゃない」との選択と集中の結果。

その4はキルヒアイス、初めてのラインハルト「様」呼び。
500年続いた身分制度の影響で、やはり2人にもその意識がある。
脚本会議でも、フランス革命前の貴族社会の本やドラマ「ローマ」を題材に、
奴隷を殺しても「弁償」という等の召使は人間だと思われてないということを確認。
そんな身分制度のなか、貴族と平民なので、どうしてもハルトとキルヒはそうなる、とのこと。

ヤンがラインハルトを倒そうとしたのも、最善の専制主義でも一度作ってしまった身分制度は続くという意識があったからとも思われる。
そこには、格差社会と言われる今でも考えられない差があるはず、とのこと。
ここでビュコック提督の「民主主義は友達を作る思想」の言葉が引用されついほろっと…

アニメ公式の相関図、ハルトとキルヒの関係はいまは「親友」だが、ちょっと違う。
「主従」も違う、でも結論がでない。
2人の「友なんだけど主従」という関係をあらわす一言を、公式からTwitterで募集がかかってますw
うーん、難しい!会場も考え込む。
この辺りからずるずるの進行、「みんな共犯」にw

次は困り顔のヤン。
「手ぶらのヤン」は多田監督によると「所持品なしで入学した」「父死亡で何もない」「性格的に屈託ないフリーハンド」というトリプルミーニングだそう。
オリジナル要素の強い第4話、田中先生はお気に入りで、あまり仕事上で性別を聞かない先生が「これ書いたの女性?」と聞かれたとのこと。

お次はタイロンパパ。
ハルトの父と比べかっこいいし、「民衆が楽をしたかったからさ」などと良いこともいってくれる。
これは郡司Pも衝撃を受けた言葉だったとのこと。

「これでもまだ政治色が薄いって言われる」「誰かの陰謀?」で
ルビンスキーが背後に映るドリフネタ再びw

ルビンスキーがスクリーンに映って、客席がどよめき、お三方が「えっなに?」「なにか映ってた?!」という定番ネタはぜひ次回も期待笑

政治はメインではないにしても、ノイエ銀英伝では重要なエッセンスとのことです。

次はジェシカとヤン。
2人が2人とも相手の言葉がその後の行動に影響を与えている、すごいと思ったと安達さん。
すれた大人は、ヤンのこの言葉がなければスタジアムの…はなかった、とも…
ジェシカらしさを考えるうえで、非常に難しい問題です…

次はヤンのやかんw
この時代にやかん?!な身近な道具がまだ使われてる点。
ここでマッグガーデンの田中先生インタビューで、人間の生活は未来になってもそれ程変わらないのではの話に。
本も紙も図書館も。
(紙は原作でもありましたよね)
お湯を沸かすのにやかんってよくできているし、温かい物を食べたいのは人間の本能だという話。

と、第3話第4話のお話はここまで。その後は毎度おなじみ告知。
まずは補給物資その1のBlu-ray。
オーディオコメンタリーは第1回が多田監督はじめ現場の方のお話、
第2回が田坂P、安達さん、郡司Pのトリオで、ノズルの話など「すげー!」「わー!」のノリで普段の打ち合わせのように収録されたとのこと


次の5/23の第5話〜7話振り返り上映は、田坂Pと郡司Pの登壇は決定。
安達さんはその日まで田中先生と中国旅行だそうで、「17時に成田」という安達さんに「上映会は夜だから間に合いますよw」と田坂P…


そしていよいよ補給物資第2弾の名言クリアファイル!
サラリーマン編と一般編それぞれ5種あり、まずは上映会で販売。
ただし、それぞれ一個艦隊(1万部)ずつあるとのことで、
「皆さんのトゥールハンマーで焼き尽くしてほしい」
「フェザーン商人からは買わず正規で購入してほしい」
ということで通販あるかな?

「たくさん売れて、そのうち10万枚のクリアファイルの追撃戦なんて初めて見たな、なんて話になったりして」
「アニメ作るよりクリアファイル作りに忙しい」
「うちのスタッフはクリアファイル作ることばかり上手くなって…なんてことに」(嗚呼ムライさん…!!♡)と、郡司P座布団10枚の迷言!

クリアファイル一般編は、
・ハルト&キルヒの「星はいい」
・ヤンの「半数が味方になってくれたらたいしさものさ」
・ポプラン「大人になるってことは、やりたいこととやらねばならぬことを区別することさ」
・オフレッサー&ロイの「卑怯者!」「ほめられたと思っておこう」
・ロイの「だまれ下種!」w

クリアファイルサラリーマン編は、山手線ポスターが管理職に厳しい内容だったけれど、視聴者には年齢的に管理職の人もいるだろうから…ということで、新たに部下ターゲットでケンプの「卿は善戦した」に、ハルトの「何もかも私がしなくてはならないのか」が追加されてましたw

その後はパワポを使ってのクリアファイルサラリーマン編の使い方。
管理職向けが3種類、部下向けが2種類。 管理職編は郡司Pがクリアファイルを出してる相手がネグロなんとかさん(笑)や下種って言われた人や昼寝をしていた元帥で大受けw

部下向け編は、「何でも聞いてくる指示待ちの部下に」というシチュで、上司があの椅子に座ったラインハルト、後ろにちゃんとキルヒアイスのお腹が見えるというイラストで場内大受け。 この5種のプレゼン?めっちゃ面白かった。

乱雑にメモったので忘れないうちにメモ。続きはその2で!

拍手[1回]